name

20130531

“ moca ”   と名乗るようになったのは約10年程前
はじまりは大学の恩師が呼び間違えたことがきっかけ。

研究室で働き始めてしばらく経った頃
助手仲間と恩師のアトリエにおじゃまして
デザインのことアートのこと仕事のこと人生のこと
たくさんいろいろな話をして
恩師と仲間のそれぞれ4人でお互いのこれからの話をした時

「これからモカデザインが世に出ていくといいね。楽しみだな。」

と恩師が言った。
仲間の一人と目が合って二人で微笑んだ。
なんだかポロリと何かが生まれたような瞬間を感じた。

もちろん恩師は本名を知っていてたまたま咬んだようなもので
ご本人はそれすら気付かずに、どんどん話は進んでいった。
とても楽しいアトリエ訪問だった。

帰り道、さっき微笑み合った瞬間を思い返すように仲間が
「モカデザインっていいね」としみじみ言った。
「うん。なんかあの瞬間何か生まれた気がした。
私今日からmocaの名前でモノづくりすることにするよ」
と話しながら地下鉄の駅まで歩いた。

 

恩師からもらったmocaの名前に自分なりの意味を付けようと思い
自身のモノづくりのコンセプトや世界観などをもう一度見つめて
それぞれに単語を結びつけてみた。

******************

   modern —— 現代的なもの

   Original —— 独創的なもの

   Classic ——— 古典的なもの

   allurement — 魅了するもの

******************

後付けだけれど、これでmocaが歩き出した気がした。
不思議なことに結婚して恩師とイニシャルが全く一緒になった。
面白い偶然。
恩師が健在のうちに少しでも多く
カタチになったmoca designを見せられるといいなと思っている。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です